【保存版】ダブル洗顔不要!?マイルドクレンジングオイルの正しい使い方

【保存版】ダブル洗顔不要!?マイルドクレンジングオイルの正しい使い方

口コミも良くって、少し高いデパコスのクレンジングを買ってみたけど結果は散々…
「クレンジング力は少ないし、すぐ乾燥したり肌が荒れちゃう」そんな経験ありませんか?

 

それ商品のせいじゃなくって使い方が問題かも!!
どんなにいいクレンジングでも、『使い方』『クレンジングの仕方』が間違ってると肌トラブルに繋がってしまうものです。

 

ここではファンケルのマイルドクレンジングオイルの正しい使い方について記載していきます。
すでにマイルドクレンジングオイルを使ってる方も、これから購入を検討される方も、他に愛用のクレンジングをお持ちの方も参考にしてみてくださいね。

 

マイルドクレンジングオイルの正しい使い方を解説

まずはクレンジングの流れを5つの工程に分けて説明すると

 

  1. 手をきれいに洗う(ポイントメイクは可能なら落とす)
  2. クレンジングを2プッシュ分手に取り、クレンジングを肌に馴染ませる
  3. 少量の水をクレンジングと馴染ませて乳化させる
  4. ぬるめのお湯で洗い流し、水分を拭き取りる
  5. 最期にアフターケアをして終了

 

このような流れになります。

つぎは工程を詳しく解説していきます♪

 

 

クレンジングを使う前に準備すること

 

ポイントメイクは可能な限り落とす!

 

洗浄力の高いマイルドクレンジングオイルなら、「一度にまとめてクレンジング♪」でも問題はないでしょう。
ですが、お肌のことを考えてあげるなら事前にポイントメイクは専用リムーバーなどで落としてあげたいところ!
そうすることでクレンジングの時にかかる肌への負担が少しでも抑えられますよ!

 

 

これだけは絶対!手をよく洗ってから

 

お肌のケアをしていくのに、雑菌まみれの手のまんま…
これではクレンジングや洗顔どころの話しではなくなってしまいます。

 

特に爪の間とかは雑菌が溜まりやすいとされてるので要注意!
石鹸で手をきれいに洗ってからクレンジングを行いましょう。

 

マイルドクレンジングオイルの場合、「ボディーソープとかで手を洗って使う」みたいな感じでも楽ですよ〜

 

 

出来るだけ乾いた手でクレンジングを!

 

まぁこれマイルドクレンジングオイルの場合あまり関係ありませんが、他のクレンジングを使われてる方は要注意です。
「濡れた手で使える」ってクレンジング以外は、水分が付着することでクレンジング力が落ちてしまいます。
せっかくきれいに手を洗ったので清潔なもので水分を拭き取ってあげてから、クレンジングを行うようにしてください。

 

ちなみに!

濡れた手でも使えるというマイルドクレンジングオイル、可能な限り「パッパッ」って手の水分を払ってから使ってあげて下さい。そこまで神経質にならなくていいのですが、一定以上の水分が付着するとやっぱりクレンジング力は落ちてしまうそう

 

 

 

【おすすめ】クレンジングの方法

 

使用量っていったいどれくらい?

さぁ、準備万端!これからクレンジング〜♪

 

ここで抑えておきたいポイント使用量です。
クレンジングには各メーカが定めている適量があるのをご存知でしたか?

  • 多すぎると洗い流すときになかなか落ちず、結果何度もバシャバシャごしごし肌への負担に…
  • 少なすぎても、クレンジングを馴染ませるときにかかる肌への負担が大きくなって、結果インナードライや肌荒れに…

みたいな…泣

 

各メーカーさんがクレンジング力と洗い流しやすさの調整をして発表しています。
マイルドクレンジングオイルの場合は2プッシュ!だいたい500円玉の大きさくらいが適量です。
馴染ませる時に「直接肌を擦ってるみたいでちょっと足りない…?」って感じたら2.5プッシュくらいでもいいかもしれませんね!

 

 

クレンジングのやり方

 

クレンジングオイルを肌になじませる

 

手に取ったクレンジングをまずはTゾーン(おでこから鼻の部分)にぺたぺた。
Tゾーンは比較的皮膚が厚く、皮脂も多いので最初に馴染ませて時間が経っても大丈夫な場所なんです。
そこから顔全体に馴染ませていき、薄く敏感な目と口もとあたりは最後に馴染ませていきます!
この時1番力の入りにくい薬指か、人差し指と薬指の2本で優しく馴染ませていくと◎

 

 

乳化

 

クレンジングと化粧を馴染ませた後は、オイルが落としやすい状態にするために『乳化』という作業をしてあげます!

乳化とは…
クレンジングの油分と水分を混ぜ合わさった状態のとこ。
肌に馴染ませたクレンジングオイルを乳化させてから落とすことで、クレンジング成分が流れ落ちやすくなるのです。

 

乳化のやり方

クレンジングを馴染ませた後、少量の水を手に取りクレンジングオイルにくるくる混ぜ込みます。
クレンジングが白っぽくなってきたら乳化完了の合図!
この時つける水の量が多すぎても少なすぎても上手く乳化しないので、少量づつ増やしていくのがおすすめです。

 

乳化のメリット

  • 汚れとクレンジング成分がしっかり落ちる
  • 毛穴詰まりや肌トラブルの解消
  • 洗い上がりがつるすべに
  • すすぎやすさupで肌への負担も軽減

 

逆にクレンジングを乳化しないで洗い流してもクレンジング成分が肌に残ることで、乾燥や炎症など肌トラブルの原因になるとこも…!
すすぎ洗いのしすぎや、洗いあがりが気になって肌をゴシゴシしてしまうのもNG
乳化をすることで、より肌に優しいクレンジングになりますよ。普段クレンジング後に残留感を感じる方は乳化させていないからかもしれないですね♪

 

洗い流し

 

クレンジング・乳化が終わったら洗浄です。
この時熱めのお湯とか、シャワー洗顔は肌を傷める原因になるのでできるだけ避けてあげるのがいいでしょう。

 

  • 熱すぎるお湯は皮脂の取れすぎ
  • シャワーは水圧の刺激が肌によくない
  • ちなみに冷水も汚れが落ちなさすぎる

洗面台とか湯おけに、人肌以下の緩めのお湯(32℃前後)をはって優しく洗い流してあげるのがベストですよ!

 

アフターケア

 

ダブル洗顔

 

クレンジングの後は洗顔です。
最近は『ダブル洗顔不要!』みたいなクレンジングも数多くありますが、マイルドクレンジングオイルは2度洗いが推奨されています。

 

なんでも…

「マイルドクレンジングオイル」は、メイクなどの油性の汚れや、角栓、黒ずみを落とす機能に優れた商品です。古くなった角層や余分な皮脂を落とす機能は洗顔料になります。美しい素肌を保つためには、ダブル洗顔をしてください。(ファンケル公式サイトより抜粋)

とのこと。

つまりクレンジングで油性の汚れは落とせるけど、水性の汚れは落とせないから洗顔してくださいね!ってことですね。

 

保湿

 

洗顔が終わったら、清潔なタオルなどで水分を『優しくふき取り』ます。
化粧水や乳液などでしっかり保湿してあげるのも忘れずに!

 

 

使い方応用編

 

ファンケルが推奨している朝のクレンジン

皮脂が過剰に分泌しているTゾーンを中心にクレンジングすることで、メイクのりがアップするみたい
さらに角栓の除去にも効果的!
就寝中に分泌された皮脂は角栓の素になるので、朝クレンジンをすることで角栓ケアも!

 

胸もとやデコルテ、背中をクレンジングすることで、べたつかない肌に!

毛穴づまりの解消にも効果的。毛穴対策のクレンジングも基本使い方は一緒で、優しく肌になじませてあげると◎

 

 

使い方まとめ

 

マイルドクレンジングオイルの使い方や、クレンジングの正しいやり方について紹介してきました。
抑えておくポイントは3つ!

 

  • クレンジングは常に『清潔な状態』を意識しておくとGood!
  • 乳化を行うことでクレンジングの効果アップ
  • 『朝クレ』や『顔以外の部分への使用』も効果的

 

正しいクレンジングでマイルドクレンジングオイルを効果的に使ってみてくださいね♪

 

page top